姉妹サイト
HOME > 金剛山 について
歴史の山 金剛山
金剛山の歴史は古く、役行者の時代(634年~701年頃)には金剛山は修行場であったので、
高野山開創(818年頃)よりより100年以上前には開かれていた事になります。
役の行者、楠木正成、といった、歴史上の人物を輩出しています。

大阪府最高峰
金剛山は大阪府最高峰であり、標高は1125mです。
山の豆腐がある千早地区は、金剛山の中腹にあって標高550m程の場所です。

金剛山 登山道
主な登山道は2つあります。
「本道」は、金剛山登山口を出発し、当店の前を通って山頂に至る、約3Kmのルートです。
もう一つは「伏見林道」ルートで、山頂まで約4Kmです。

金剛山名物 山の豆腐
なんと言っても金剛山の名物は豆腐です。 これは譲れません。
元々、凍り豆腐の大きな産地であった土地柄です。
全盛時には、大阪では ちはや豆腐 が一般名称だった時代もあります。
(千早は、当店所在地の地名です)
堂々と、「金剛山名物」を名乗らせて頂きます。

金剛山には、何がある?
金剛山に何があるのか、山の豆腐周辺を、一部ご紹介します。

○千早城跡:日本100名城の一つ、千早城の城跡。籠城戦で勝利した、落ちない城。
○千早神社:千早城跡にある神社。
○葛城神社:金剛山頂に鎮座する神社。一言主を祭る。
○転法輪寺:金剛山頂にあるお寺。役行者が開祖。
○金剛山ロープウェイ:日本で唯一の村営ロープウェイ。
○金剛山麓まつまさ:当店隣接。山の豆腐を使った料理でお食事ができます。
○千早赤阪村立郷土資料館:金剛山と周辺の歴史がわかる、資料館。凍り豆腐の歴史も紹介しています。
○千早赤阪村農産物直売所:土・日・祝日 のみ営業。新鮮、おいしい地元の産品を直販。

あたらしい歴史
歴史に彩られた金剛山ですが、
現代においては、日本有数の登山者数を誇る山でもあります。
多くの登山者がいるので、本道や伏見林道などを通る限りは、安全な登山ができる山です。
あなたが金剛山を登るその一歩が、金剛山の新しい歴史でもあります。

ぜひ、金剛山へお越し下さい。
そして、帰りにはおみやげに「山の豆腐」をお持ち帰り下さい。
皆様のご来店を、心よりおまちしております。